17世紀には、アルゴンキン族のインディアンがニューヨーク湾に、完全に水没していないいくつかの島を発見しました。湾内で発見された貝類、スズキ、カキの量が多かったため、3つの島だけが「オイスターアイランド」という名前を与えられました。現在、エリス、リバティ、ブラック・トムとして知られている3つの島は、ニューネーデルランドの入植者によってこの名前が付けられました。この島は、その後3世紀に渡って食糧供給源となりました。